Mac Safari で広告ブロックする(更新:2017/08/12日本専用フィルタの導入)


Mac Safari で広告ブロックする方法

インターネット見てたら、あるページでスカパーの広告がいきなり音出たから広告の音を消す方法を探してたら次々スカパーの広告が音だしてイラッとしたので、 Mac の Safari で広告をブロックする方法を調べてみました。

 

広告はあってもいいんだけど音出るのは困るので、広告自体をブロックすることにしました。

音のせいで全広告ブロックって、スカパーの責任は重いな。

1.Safari の機能拡張で 広告ブロックをインストールします。

safari機能拡張

2.Appleの機能拡張ページ(https://safari-extensions.apple.com)が開くので、Adblock Plus をクリックする。

3.Install nowをクリック

4.インストール完了

 

5.インストール完了後、Safariの環境設定の拡張機能を見るとインストールされていることがわかる。

6.Safari で広告がブロックされるとこんな感じでブロックした広告数が表示される。ここをクリックするとオプション設置ができる。フィルターやホワイトリストが登録できる。

cap 2016-03-11 17.29.23

めでたしめでたし。

 

広告がブロックされているか確認する。

↓左サイドバーに画像で広告が出てますね。

 

↓広告がブロックされました。(ブロック広告1件と表示されてます)

 

7.広告ブロックの設定してみる(日本専用の広告ブロックリスト)

Safariのタイトルバーに表示されているアイコンをクリックして、下の「オプション」をクリックします。

cap-2016-10-29-20-21-28

オプションが表示されるでの、初期の設定を載せておきます。

cap-2016-10-29-20-22-08

リストが2つありますね。

私の場合は、EasyList(簡易リスト的な)のみを有効にしています。

訂正(2017/08/12):EasyListとは、全世界対応の最大のリストらしいです。そのため重いらしいです。楽天の広告が表示されていたので気になって調べてみたら、日本専用の「豆腐フィルタ」(http://tofukko.r.ribbon.to/abp.html)というのがあるらしいので導入してみました。「フィルタを購読する」をクリックするだけです。

Safariの新しいタブで「Adblock Plusのオプション」が開きます。ここで、豆腐フィルタを設定があらかじめ選択されていますので「追加」ボタンを押します。

豆腐フィルタを有効にして、EasyListを無効にします。

そして、一番下の「控えめな広告を許可」を有効にしています。全く広告が出ないと寂しいので控えめならいいか、、、的な気持ちですね。

これで楽天の広告が出ないことを確認しました。(このページの下に楽天広告が貼ってあります)

豆腐フィルタは、EasyListの40分1という小ささですので普段はこちらを利用したいですね。海外のページもたまに見るのですが、そのときはEasyListも有効にして使っていきたいと思います。

 


 

アップルの拡張機能サイトに掲載されているので一応信頼できるのではないかと思われる、無料で広告を非表示にする方法でした。

追記: この方法で広告ブロックを有効にすると表示が遅くなるサイト(楽天市場などを私が見る場合)がありました。その場合は一時的に無効にして使っています。Safariのタイトルバーに表示されているアイコンをクリックして、下の「このサイトで有効」の部分をクリックして無効にします。


 


↓これはグーグルの広告です。見えますか?↓




↑ここまでグーグルの広告です。見えますか?↑



↓これは楽天市場の広告です。見えますか?↓

↑ここまで楽天の広告です。見えますか?↑



↓これはアマゾンの広告です。見えますか?↓

↑ここまでアマゾンの広告です。見えますか?↑


 

 


「Mac Safari で広告ブロックする(更新:2017/08/12日本専用フィルタの導入)」への2件のフィードバック

  1. macに慣れておらず、このような広告のブロック方法があることを初めて知りました。大変助かりました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です